株式会社クルーズは2018年3月より米サテライト・アンプリファイアーズ製品の輸入代理店業務を開始します。

サテライト・アンプリファイアーズはオーナー、Adam Grimm(アダム・グリム)によって2005年にカリフォルニア州、サンディエゴで立ち上げられました。真空管をベースに「本物のサウンド」を追求してデザインされたアンプ達は、現在入手出来るうる限りの「最高のパーツ」を使用してサンディエゴの自社工場で製作されています。もちろん、アンプにとって重要なキャビネットも含めてハンドメイドで制作されています。
そしてサテライトアンプリファーズでは2016年に新しい商品として、カスタムメイドのエフェクトペダルを発表し、世界最大規模の楽器展示会NAMM SHOWで大絶賛されました。日本の皆様にも是非、この「本物の音」を知っていただきたいと思っています

スティール製のオリジナル筐体は見た目のインパクトだけでなく、いわゆるアルミケースのエフェクトにはない「コシ」を音色に与えます。
全てのエフェクトは9Vバッテリーのほか、外部9VDC(100-200mA)にて駆動
ERADICATOR/BASS ERADICATORは外部DCでのみ駆動(9VDC・500mA)

LINE UP

ERADICATOR/BASS ERADICATOR

12AX7真空管を使用したオーヴァードライブ/ディストーション

ERADICATOR 販売価格:オープンプライス(市場想定売価 50,600円/税込)
BASS ERADICATOR 販売価格:オープンプライス(市場想定売価 53,800円/税込)

エラディケーターはサテライトアンプ初期に、極内輪の友人たちのために製作したペダルでした。そのペダルを復活させます。カスケード接続された12AX7はシンプルでリッチな真空管サウンドを信条としています。9V/500mAの外部電源供給を、内部にで、真空管アンプと同じようにプレート電圧は300V動作させます。これにより複雑なハーモニクス、滑らかな歪み、そしてダイナミックレスポンスを得ることに成功しました。
コントロールは、ゲイン、トーン、アウトプットとシンプル。トーンコントロールはハイパスフィルターで、チューブアンプのようなイメージでサウンドメイクが可能です。ゲインを下げてアウトプットをあげてやれば、真空管アンプへのブースターとして最適です。ゲインをフルにセットすれば、70年代ロックアルバムのようなテイストのサウンドも得られます。小型アンプがフルアップした際のあのサウンドをイメージしてください。
オリジナルデザインのスチール筐体に加えて、耐久性の高いフットスイッチを採用しています。過酷なツアーバンドにも安心してお勧めできます。
BASS ERADICATORはトーン回路にベース用に最適なチューニングを施しました。さらにXLRバランスアウトを装備しています。

White Amplifier Emulator

8インチスピーカーをドライブさせた「あの音」をエミュレート

販売価格:オープンプライス(市場想定売価 43,000円/税込)

アメリカ製「ホワイト・アンプ」をご存知でしょうか?フェンダーの生産マネージャー、フォレスト・ホワイトの名前から引用されたこのアンプはレオ・フェンダーによって設計され、1954年から1962年にかけてフェンダー社で生産されました。このアンプは、5F2Aプリンストンの回路とほぼ同じですが回路には複数のバージョンが存在します。サテライトはこのアンプの音色をペダルサイズでエミュレートしました。JFETを採用し、プリンストンタイプの小型アンプが持つ自然なスポンジーなクランチサウンドが得られます。また、8インチスピーカーが持つ独特の「パリパリ」としたハイミッドのキャラクターも再現。ハムバッカーピックアップのギターをチョイスしてオールドロックのサウンドを楽しんでください。9Vアダプター駆動に加えてバッテリー駆動も可能

Fogcutter

定番でありながら一味違うクリーンブースト&クランチドライブ

販売価格:オープンプライス(市場想定売価 43,000円/税込)

ゲインとボリュームのみというシンプルなコントロールは、このフォグカッターのキャラクターを位置づけています。ペダル単体での歪みというよりは、接続するアンプに働きかけるペダルです。3つのセレクタースイッチは2つのクリッパー・ドライブモード(ゲルマニウムダイオードモードとモダンクランチモード)とクリーンブーストモードを切り替えて使用可能です。ゲインは一般的な「歪み量」ではなく、クリッパへの入力をコントロールし、アンプと同じ様にゲインを稼ぎます。これにより真空管アンプの様なドライブサウンドを生み出します。クリーンブーストモードでは接続先のアンプをプッシュし、小音量でもコンプ感やアンプのドライブ量を稼ぎます。9Vアダプター駆動に加えてバッテリー駆動も可能

Golden Harem

サブオクターブを含む強烈なファズサウンドをエクスプレッションペダルでコントロール可能

販売価格:オープンプライス(市場想定売価 43,000円/税込)

強烈なサブオクターブ・ファズサウンドを生み出すゴールデンハーレムは60年代の日本製ファズをさらにズ太く、ブチブチのミンミンにアレンジしたとにかく強烈なサウンドを持ちます。TONEのポジション次第ではクラシックスタイルなヴァイオリントーンも得られますが、特に時計方向2時以降の強烈なリンギングと凄まじい倍音感をお楽しみください。さらに、外部エクスプレッション(別売)を接続する事で、リアルタイムでサウンドを変化させることも可能です。9Vアダプター駆動に加えてバッテリー駆動も可能です

 

サテライト製品を愛用してくれている仲間たちをご紹介します

Walter Becker (Steely Dan),

Marc Ford (Black Crowes, Magpie Salute),

Chris Traynor (Bush, Helmet, Orange 9mm),

Jonny 2Bags Wickersham (Social Distortion),

Audley Freed (Sheryl Crow)

and Dennis Casey (Flogging Molly)

サテライトアンプのデザインはビンテージのアンプの良い所を鋭い視線で研究しつつ、現代の音楽シーンでの使用に耐えられる様、クリティーと音質面のマッチングを行なっています。
常に最高のトーンと使い易さを追求し「自分たちで使おうと思わないアンプは他の人に売れない」を信条に製品開発を行っています。サテライトのエフェクトペダルからもこのスピリットを感じていただければ嬉しいです。

お問い合わせはクルーズ(メールまたは電話:03-6696-5920)もしくは全国のお取扱店様までどうぞ