35,800円(税抜)

チューブアンプの出力を半分以下で出力する事が可能なパワーアッテネーター”GB-V”が、バージョンアップして登場。チューブアンプのリッチなトーンやドライブはそのままに、音量だけを調整します。

GB-VIは、150ワット/16または8オームまでのチューブアンプに対応したパワーアッテネーター(音量減衰機)です。内部に大型抵抗を使用する事でアンプからの信号を電気と熱に変換し、スピーカーからの出力を下げます。

GB-VIを接続した時点でアンプの出力は50%ダウンします(100Wアンプなら50W前後になります)さらにフロントパネルのツマミで出力を0まで減衰可能です。

アンプのボリュームは最大近くまで上げてパワーアンプのサチュレーション、ドライブを生み出し、GB-Vで最終的なボリュームコントロールを行ってあげれば自宅やスタジオ、勿論ライブでもチューブアンプのドライブを楽しめます。
更にヘッドフォンアウト(アンプ/スピーカーシュミレーターは内蔵されておりません)やラインアウトも装備。ラックシステムとの連携や深夜の演奏時にも威力を発揮します。また、ダミーロード/ダミーボックスとしてもご使用頂けます

ご注意:

@4オーム出力のアンプでは基本的にご利用いただけません。また、出力が150ワット以上のアンプやベースアンプでのご使用はサポートできませんのでご注意下さい。

@ヘッドフォン出力のみをご使用になる場合は、GB-VIのスピーカーアウトにスピーカーを接続しなければ、無音状態でご使用いただけます。アンプからの出力はGB-VIに搭載された抵抗パーツとファンの回転により、熱と電流に変換され、消費されます(ダミーボックスとしての使用)

高出力アンプを使用し、GB-VIをダミーロードとしてご使用になる場合、GB-VI本体がかなりの熱をもつ事があります。GB-VI本体を風通しの良いところに設置しご使用下さい。
*TIP*
トランジスタアンプにはご使用いただけません。プリチューブ/パワートランジスタアンプも同様です。プリトランジスタ/パワーチューブ等、パワーアンプが真空管を使用しているアンプでご使用下さい。
正確にはトランジスタアンプアンプでもご使用になれますが、トランジスタアンプは出力音量の大/小でパワーアンプ部でのサウンドの変化が無いため、GB-VIの様なアッテネーターでの音量の減衰を必要としません。アンプ側のマスターボリュームで音量をコントロールしてください。
コントロール:
  • Attenuate Level
  • Line Level
  • Headphone Level.
GB-VI

GB-VI

BACK VIEW

BACK VIEW

入出力:
  • Amp Input
  • Speaker Output
  • Line Output,
  • Headphone Output.