先日、機材調整でご来店された「快進のICHIGEKI」のギタリストである久雄氏に、クルーズのOSシリーズ、OSL-HYBRIDを弾いてもらいました。 「ハイブリッド」の名の通り、モダンスタイルのギタリストに(も)向けてデザインされたLPシェイプのOSL-HYBRID。

oslhbd.image1チェンバードのマホガニーボディー、スリムネック、そしてタップ可能なSAYTONE SLEDGE-Hybridピックアップのコンビは、オールドスクールなギタートーンの延長線上にありながら「音のキレ」と歪ませてもしっかりとした「音の芯」を持っています。

今回は、より楽器の特製が解りやすいライン録音(KEMPER)でRECしてみました。 クリーンサウンドではタップとフルハムバッカーのトーンの違いも確認できると思います。

久雄氏の様にハードなリフ・バッキングだけでなく、ソロプレイも重視するギタリストに、最高のパフォーマンスを提供したい!と言うのが、このOSL-ハイブリッドモデルを製作した意図であります。
ハイポジションでもプレイしやすく、音の立ち上がりが速い。LPシェイプでこういう風にプレイできるか否か?というのが重要なポイントだと思います。是非、チェックしてみてください。

久雄氏、いつもありがとうございます!

1 2 3 4

 

 

 

 

 

OSL-Hybrid お取扱店様

㈱池部楽器店プレミアムギターズ 様
http://www.ikebe-gakki.com/realshop/premium-guitars/
㈲大石楽器店 様
http://gakki-de-genki.com

島村楽器㈱ 様

イオンノア店
http://www.shimamura.co.jp/noda/index.php
大宮店
http://www.shimamura.co.jp/ohmiya/index.php
イオンモール福岡店
http://www.shimamura.co.jp/fukuoka-lucle/index.php
大分フォーラス店
http://www.shimamura.co.jp/oita/index.php
カテゴリー: OSシリーズ【生産完了】BLOG