Crews Maniac Sound
Buzz-Tri-Mix
バズトリミクス・ベースファズ

メーカー希望小売価格:34,000円(税抜)

ベースファズはローレンジにトーンがフォーカスしており、ベース単独で弾く(聞く)とファットで良いのですが、バンドアンサンブルに入るとイマイチ音が抜けてこない、と言うユーザーの皆様の声を反映させた新しいベースファズペダル “Buzz-Tri-Mix”(バズトリミクス)

Buzz-Tri-Mixは低域・中域・高域と言う風にドライブサウンドを3つのレンジに別けて、それぞれのボリュームをミックスしてドライブサウンドを作り上げます。

この「バズトリミクス」のサウンドイメージは、プログレッシブでアグレッシブなベースサウンドにあります。

シンベの様にユニークでヘヴィーなクラシックロックやサイケデリックロックのドライブサウンドから、ニューウェイブ以降のパンクバンドの「凸凹して疾走感のある歪み」や「拳骨で殴られているかの様な」オリジナルハードコアバンドのベースサウンド、そしてSKATE ROCKで聞かれる「ノコギリの様なベースの歪み」をイメージしました。これらのサウンドは、いずれも「ベース用の歪みエフェクター」等と言うものが存在しない時代に、先駆者であるベーシスト達が自らのスタイル(ベースの弾き方やフォーム、そしてセンス溢れるアンプのセッティングと強烈な音量で!)作り上げた個性的な歪みだと思います。同じ様に、このBuzz-Tri-Mixは使用するプレイヤーのプレイスタイル/弾き方や、演奏する楽器によってサウンドを大きく変化させます。

勿論「基本のサウンドはベーシストが自ら作るもの」というコンセプトでありながら、多彩なサウンドが引き出せるデザインになっています。

マスターゲイン、各帯域の歪みのボリュームの他に用意されたマスタートーンは、パッシブベースのトーンコントロールと同じく、右に回しきった状態がフラットで、左回りに回すと音色がこもって行きます。
このトーンはトゥイーターを搭載したベースキャビネットとBuzz-Tri-Mixを組み合わせた際に高域(プレゼンス)が暴れるのを防ぎ、少しだけ甘くトラッドな歪みに変化させます。
勿論、そのバリバリとした「暴れ感」を活かして、オルタナティブなベースドライブを作っても良いでしょう。

そして音のヌケ感がイマイチだな、と感じた場合はドライミックスで歪んでいないベースの原音をミックスしてみてください。
歪み混ざったクリーンなサウンドのおかげで、アタックが強調され、音が前に出てきます。
この機能は、歪んませた状態でスラップを行う際にも威力を発揮します。

電源は9Vバッテリーもしくは外部電源に対応します。
外部電源はセンターマイナスのDC電源で、9-18Vまでの電圧に対応します。
15V-18Vで使用すると、さらに厚みのあるドライブサウンドを生み出します。

付属品:9V バッテリー