ES-1500Cシリーズ・サウンドチェック

Crews Maniac Sound/ES 1500Cは、個性的なアーチトップ&アーチバックのデザインを持つエレアコモデル。
薄胴でありながら生音の鳴りとプレイヤビリティーを追求した、Crewsエレアコの定番モデルです。

ES-1500C Natural FInish

ES-1500C / Natural Finish



ES-15000C Limited/SILKY WOOD

ES-15000C Limited / SILKY WOOD



EG-1500C/Natural Yellow

EG-1500C / Natural Yellow Finish



EG-1500C LIMITED/KOA WOOD

EG-1500C LIMITED / KOA



es2000tif

ES-2000 Standard/BLK Finish



Crews ES-2000 Limited KOA

ES-2000 Limited / KOA



EB-2400 / Natural

EB-2400 / Natural



EB-2400 LIMITED/BUBINGA WOOD

EB-2400 LIMITED / BUBINGA



eg_angle

ES/EG-Series



スタンダードモデルのES-1500Cの他に、エレガットのEG 1500C、
12弦ギターのES 2000C、エレアコベースのEB 2400がラインアップされています。

レギュラーモデルのボディーはスプルーストップ/ローズウッドバック&サイド。
このモデルとは別に、リミテッドラインとして
トップ&バックにフレームコアやブビンガ等のエキゾチックウッド用いたモデルもラインナップ。
ボディーサイドはメイプルという仕様です。

ルックスのみをチェックすると、カラーのみが違うギターのように見えますが、実際には使用されている材が違います。

レギュラーモデルはスタンダードなアコースティックギターのスタイル。
聞き慣れたスプルーストップ・ローズウッドバック&サイドの「アコギサウンド」です。

対してリミテッドモデルは、トップとバックが同じ材(コアxコア、ブビンガxブビンガ等)の組み合わせ。
その音は、より「トップとバック材のキャラクター」が明確に出ます。



例えば、
・コアは明るくきらびやかな音が特徴で、軽快なストロークやアルペジオでも、シャリーンと抜ける透明感が魅力の材です。
・ブビンガは、スプルースやコアに比べ、タイトでパンチのある音が特徴の材です。中音域が濃くアタック感のある音は、ストローク中心のプレイヤーやシンガーの方におすすめのギターです。

この様に、見た目は勿論ですが、トーンにおいてもこだわって製作されています。

 

RA-01 Preamp

RA-01 Preamp



全モデルにCrews RA-01プリアンプが搭載されています。
ピエゾピックアップとプリアンプ部のコンデンサーマイクで、ボディ内の鳴りをミックスすることができ、より自然なアコースティック・サウンドが得られます。

今回の動画は材による音の違いを聞いて頂くため、ラインにはつながず生音で撮りました。
キャラクターの違いをチェックしてみて下さい。

 

[ ES-1500Cシリーズ・アコースティックページ ]