ReNeWeL

ReNeWeL JAM#2 & more info

先日の投稿に続き、リニューエルスタンダードのセッション動画をアップしました。 プレイヤーは佐藤氏と岡氏の両人です。 前回とはギターを入れ替え、手前佐藤氏が50’sラップアラウンドブリッジで、 岡氏がイントネータブル・ブリッジを搭載したモデルを使用しています。 50’sスタイルは独特のアタック感(コンプ感)があり、 ベンドの際にも後から「ぐぉー」っとサスティーンが伸びる感じがたまりません。 イントネータブルはやはり音の分離がよく、この両者のプレイでもその辺りが確認できるかと思います。 是非チェックしてみてください。 そして、明日発売の音楽雑誌PLAYER3月号にて、 こちらのReNeWeLを特集して頂きました。 あわせてチェックお願いいたします。 表紙はビリーギボンズ&ジェフベックのレジェンド2人。 インタビュー&エトセトラ。 さらに、誌面機材紹介でバンド「lynch.」の悠介氏のペダルボードに クルーズマニアックサウンドG.O.Dが組み込まれているのを発見しました。 勝手に紹介しちゃいました。ありがとうございます。   ↓↓↓ Read More | Share it now!

投稿者:CMS 投稿日時:
ReNeWeL

ReNeWeL JAM #1

先日遊びにきてくれたギタリストの佐藤勝城氏と岡聡志氏にニューモデルのリニューエルをチェックして頂きましたが、その際に軽くジャムセッション的な雰囲気になり(というか、そう言う雰囲気に仕向け…)お互いに異なるブリッジのモデルを弾いて頂きました。 リニューエル商品ページ   動画はこちら。 今回のセッションでは、手前に座っている佐藤氏がイントネータブルタイプ・ラップアラウンドブリッジ(オクターブ調整ができるタイプ)を搭載したリニューエルスタンダードを使用。 奥側の岡氏が50’sスタイルのラップアラウンドブリッジのモデルを使用しています。 イントネータブルは各弦が綺麗にセパレーションして聞こえ、ブライトさも感じられます。 50’sの方は、音がギュッと濃縮した様なイメージで、トーンに太さが感じられると思います。 若き二人のギタリストのナイスなプレイと共に、こちらの動画で、そのトーンの違いをチェックしてみてください。 次回はギターを入れ替えて弾いてもらった動画をあっぷします。どの位トーンが変化するかを是非、チェックしてみてください。 2人ともどうもありがとう! *ちなみに、アンプはCARR↓↓↓ Read More | Share it now!

投稿者:CMS 投稿日時: