Bottom's Up Series

[BLOG] ボトムズアップ・クォーターソーンについて

クルーズの定番モデル、ボトムズアップの「クォーターソーンリミテッド」が出荷となります。 今回は人気のブルーバーストに加え、新色のカプリオレンジも登場。 夏らしいカラーリングが、ディンキーシェイプのボディーによく合います。   「ところで、クオーターソーンって何?」   という皆さんも多いと思いますのでご紹介します。 ボトムズアップ・クォーターソーンリミテッドは、ネック材に柾目(クォーターソーン)のメイプルを使用した、リミテッドモデルです。 柾目とは、材を切り出す前に、丸太状の材の中心に向かって挽いたときに現れる「年輪が平行な木目」の事を指します。 板目と比べると、原料の投入量から期待される生産量に対し、実際に得られた製品生産量の比率が悪く、コスト高になりますが、反りや収縮などの狂いが少ない事から家具は勿論、ハイエンド楽器のネック等に多く用いられています。 そういった事から、クォーターソーン材を使用すると、ギターの場合では逆ぞり・順ぞりの動きに強く、密度が高い材である為に音の立ち上がりが硬質でハッキリとしています。ネック自体の質量もあるので、音色面でも低域が十分にあり、明るくい鳴りも期待できます。 このシリーズでは、締まりのある音色のネックに合わせて、ネックシェイプにクルーズ初期のスリムネックシェイプを採用しました。薄型のシェイプは手に良く馴染み、グリッピングスタイルから指を立てたクラシックスタイルまで、どのようなフォームでも素晴らしいプレイアビリティーを約束します。 サテンフィニッシュのさらりとした質感も好感触。勿論、グロスフィニッシュにはない明るい鳴り感もポイントです。 そして、今回もハードウェアーパーツにはゴトーガットをセレクト。 オーセンティックなクルーソンスタイルでありながら、安定したチューニング・トルクを生み出すだけでなく、容易な弦交換が可能なSD-91↓↓↓ Read More | Share it now!

投稿者:CMS 投稿日時: